コアサーバーの初期ドメインに共有SSLを設定したいのですが

いつもお世話になっております。

コアサーバーの初期ドメインにbaserCMSのインストールを行い、
SSLを導入しようとしております。

初期ドメインには無料SSLは設定できないということなので、取り急ぎ共有SSLを設定したいのですが
サイトのアドレスがコアサーバーのアドレス直下に変わってしまうので
CSSや画像が読み込まれず表示が崩れてしまいます。

コアサーバーのサポートに質問すると、
共有SSLの場合はpublic_html直下にインストールしてくださいとのことでした。

baserCMS側でどこかファイルの設定が必要でしょうか?

よろしくお願いいたします。

【ご参考までに今回制作の流れ】
共有SSLでpublic_htmlフォルダ内にテストサイトを作成し、
public_htmlフォルダ内に独自ドメインフォルダを作り、そこへ本番サイトを作成する予定です。

【コアサーバーの構成】
https://www.homepage-tukurikata.com/hp/public-html.html

こんにちは
app/Config/install.phpのBcEnv.siteUrlBcEnv.sslUrlに変更後のurlを設定してみてください。

以下のスレッドも参考になるかもしれませんのでご確認ください。
http://forum-archive.basercms.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=2983&forum=3

2 Likes

seto様
いつもお世話になっております。
早速のご返信ありがとうございます。

app/Config/install.phpファイルの箇所を書き換えてみましたが、表示に変化がありませんでした。
なにか間違っておりますでしょうか?

【変更前】
Configure::write(‘BcEnv.siteUrl’, ‘初期ドメイン’);
Configure::write(‘BcEnv.sslUrl’, ‘’);

【変更後】
Configure::write(‘BcEnv.siteUrl’, ‘https://ss1.coressl.jp/初期ドメイン’);
Configure::write(‘BcEnv.sslUrl’, ‘https://ss1.coressl.jp/初期ドメイン’);

参考サイトも拝見しましたが、今回の共有SSLとは少し違うようなので。
ややこしければ、public_html内にサブドメインフォルダを設定してそこにテストサイトをインストールしようかと考えております。

ドメインの直下に設置されていた形式が、サブフォルダ配下に設置される形式になり、CSSや画像のパス解決に失敗しているものと思われます。

たとえば、画像のパスが本来ならhttps://ss1.coressl.jp/初期ドメイン/img/test.pngになるべき箇所が、https://ss1.coressl.jp/img/test.pngとなっているのではないでしょうか?

この場合、テーマ側を調整するか、サブフォルダへの設置に対応したテーマを使用するかの選択になります。

2 Likes

ありがとうございます。

おっしゃるとおりファイルパスが全て
https://ss1.coressl.jp/img/logo.png」のように共有SSLのアドレスになっておりました。
テーマファイル側で「https://ss1.coressl.jp/初期ドメイン/img/test.png」と
絶対パスで書き換えたところ画像が表示されました。

この場合ですとファイルパスを全て書き換える必要が出てしまうので
public_html直下にサブドメインでフォルダを作成・その中にbaserCMSを設置し、無料SSLを設定してテストサイトを作成しようと思います。

いつも的確なご回答をありがとうございます。
大変助かりました。

2 Likes